引っ越ししたい!費用はいくら必要?

お手軽・安値でおひっこし!イマドキの引っ越し術

初めての引っ越しでも大丈夫!まずは流れを知ろう

一口に引っ越しと言うと、壁が高いように感じる人も多いでしょう。「家」と言うのは人間の生活の基盤となります。毎日でていき、帰ってくる場所。その家を変えることは人生の転機にもなります。
しかし、だからといって身構えてしまい、二の足を踏んでしまっては、人生の新しいステージへ進むことはできません。初めての引っ越しならなおさら、計画的に準備をしてスマートに新居へ移りましょう。
何よりも大切なことは、引っ越しの完了というゴール地点を見据えてスケジュール表を作成することです。引っ越し2週間前、1週間前、直前、そして引っ越し後と、やるべきことをto do リストのように一覧表にし、忘れてしまうことがないようにしましょう。
新居が決まったら、その時点から引っ越しはスタートです。新居の間取りを考えて家具の配置を決め、2週間前を目途に荷造りをしていきます。捨てる物と持っていく物の選別も必要ですね。引っ越し当日のタイムスケジュール、新居での荷ほどきも計画的に行わないといけません。もちろん、電話や電気などの各種手続きも忘れてはいけません!新居で計画的な万全のスタートを切るためにも、事前のスケジュール表は必要不可欠なのです。
このページでは、初めての引っ越しでも安心して臨めるようご説明していきます。基本的な引っ越しの流れは以下のようになります。

引っ越し先の決定、引っ越し日の決定
→業者の決定・荷造り (同時並行)
→引っ越し当日

それでは、皆さん、悔いのないお引越しで、人生の新しい1ページを開いてください!

引っ越しの手順と計画について

引っ越しを決意したら…かの音楽家、ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンはその人生で50回を超える引っ越しをしたと言われています。しかし、現代日本では「引っ越しに失敗したなあ」と思ってもそうはいかないのが現状。失敗しない引っ越しの計画の作り方をお伝えします。

失敗しない業者選びのコツ

荷造りと並行して行わないといけないのが引っ越しの業者探しです。引っ越し日が決まったら、即座に複数の業者に見積もりを取り、比べてみることを強くお勧めします。引っ越し業者の一覧サイト、なんてものも存在し、インターネットを使えばスムーズに相見積もりをとることができますよ。

引っ越しに関する一工夫

引っ越しには長いスパンの計画と、それに伴う様々な手続きを含むたくさんの連絡、やらないといけないことがたくさんありますね。先人たちの経験から一定のライフハックを導き、紹介していきます。 ちょっとした一工夫で面倒な引っ越しもより効率的に!知らないと損をする、ちょっとした工夫を1つずつ紹介していきます。

おすすめリンク

杉並区で賃貸物件が人気のワケ

購入するより賃貸の方が良いの?杉並区で賃貸物件の方が人気を集めているワケを知りたい人は必見です!